I can do it

夢への挑戦

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/04/06   運命ってどう思います? : 疑問


こんばんは!

最近、コメントに返信できてません^^;


コメント画面開く→なんかむっちゃ急に動くのが遅くなる

それでもちゃんと書く→書いてる時にいつもなんあよく分からん更新されて消える



まさに負の連鎖です。すいません笑


んで、今日は端的に行きたいなぁ^^と。

その前につくね様、お褒めの言葉ありがとうございます><
前の記事は(首相に)本気でイラッときたので^^;
結論はしっかり頑張って参ります><

そして今日の本題。


この世界には「運命」っていう言葉があります。

まぁ、キリスト教の逃げ道の言葉なのかも知れませんが。

日常でも、日常と覚悟(?)。両方使いますよね?


そこで思うんです。

運命は「命を運ぶ」と書きます。

僕はこの命をいつも「生命」と読みません。
「使命」と読んでいます。

そこで質問なんです。

運命とは


「運ばれる命(使命)」なのか

「運ぶ命(使命)」


どちらなんでしょうか。

もしかするとどちらもなのかもしれません。
僕には答えが見えないんです。

妙に哲学的で馬鹿みたいですけど、
本質とも言えるような質問だと思っています。

それによって運命の受け方が違う


みなさんはどう思われますか

スポンサーサイト

 コメントを書く/見る(2) 

2011/10/22   サブプライム問題ってなに? : 疑問


また疑問ですww
前回は逃げちゃいましたので、今回は本気でやろうかと。

最近、経済にはまってるので経済の話題。

ちょっと前に「サブプライム問題」ってテレビでよく聞きましたよね?

えっ?聞いてないだって?(;・∀・)

いや、今のは空耳だ。空耳だ。空耳だ。空耳だ。空耳だ・・・・・・・・空耳だ。笑


ということで、今回の疑問!


【疑問】


「サブプライム問題」ってなんなの~?


よし!やる気出てきたんで徹底的にいっきまーす


サブプライム問題とは「サブプライムローン問題」のことです

サブプライムローンというのは、
アメリカで一般の住宅ローンなどの審査に通らないような
不動産会社から見て信用度の低い人たちが、住宅を以外を担保としてローンを組む制度のことです。

このサブプライムローンででた「ローン債務」は証券化されて、
他の金融商品と組み合わされて世界中に販売されました。

「債務(さいむ)・・・借金をした人がその借金を返さないといけない義務のこと。
            またその借金そのものをこうよぶこともある。

 証券・・・これを持っていれば〇〇えおしてもいいですよ。という権利や、
      これを持っていれば〇〇しないといけない。という義務
      が書かれた文書のこと。 
      日常的には、遊園地の入場券や、駐車場の駐車券などのこと。」


2001年から2006年まで、アメリカは住宅の値段が上がり
「住宅」バブル状態にありました。

格付け会社は世界中に販売されていた証券に高い評価をつけて、
住宅バブルはさらに加速しました。

ですが、バブルが続くわけもなく・・・笑

当時の大統領であったブッシュの悪政(悪政だと思うんですけどね・・・。まぁ個人の自由です)などにより、
2007年から住宅の価格が下がり始め、
それにともなって借金の返済が滞りはじめました。

そして、住宅バブル崩壊。

この影響を受けて、サブプライムローンの債務が組み合わせれていた金融商品が信用されなくなります

「金融商品・・・外資取引(円でドルを売り買いしたりすること)などを考えるときの概念。
         特に「これ!」というものはなくあくまでも呼び方である。
         他にも、有価証券などが含まれる。」

この影響を受けて市場では投売りが続きます。

ここで出てくるのが「リーマンブラザーズ」です。

「名前が・・・。笑  「リーマン兄弟」ってww
しかも、3人兄弟作ってるんですよ^^
1850年創業という老舗です。
アメリカでは第4位の証券会社です。
ちなみに、ギリシャの経済危機での破綻よりもリーマンブラザーズのほうが数字的には影響があるようです。」

世界的な会社だったリーマンブラザーズ破産。
リーマンショックが発生します。

リーマン・ショックによって、
アメリカで高い信用を経ていた会社が次々と国有化。

リーマンブラザーズは証券会社なので、
全世界の銀行や金融機関が大打撃を受けます。

次々と信用を失う金融機関。

ついには、国という単位での信用度に

住宅価格も下落する一方。

これによって、今にまで至っている「世界同時株安」「円高」などの問題となっています。

この一連の問題を「サブプライム問題」というわけです。



こんな感じです。
ほとんどウィキペディア参照です(またまたセコイww)
でも、噛み砕いて言っているのでちょっとわかりやすくなってるかな?(というよりわかりやすくなっていて欲しい笑)

それでは結論

【結論】

サブプライム問題とは

アメリカで住宅バブルが崩壊する。

それにともなって証券会社等が信用を失い、

リーマンブラザーズ破産。

それにより、世界の金融機関が信用を失って

世界同時株安や円高(ドル安)などをおこした

一連の問題のこと。



書いてから思ったんですけど、これ一連の問題じゃないかも・・・・・。

やばい・・・。ミスったのか・・・笑

まぁ、間違ってたら誰か教えてくださーい(`・ω・´)ゞ

以上!!(今日は逃げなかったぞー笑)


 コメントを書く/見る(0) 

2011/10/21   疑問に思ったこと書いていきまーす : 疑問


こんちゃぁ

新しいカテゴリに「疑問」を追加しました(`・ω・´)ゞ

僕が生きてる中で思った、感じた疑問を書いていきたいと思います!!

ってことで今回は第一回

「なぜ氷をいれると

飲み物は冷たくなるの?」


えっ?そんなの分かるよって?
それならごめんなさい・・・笑

でも、僕は思ったんですよ。
氷って言ってもただ水が固まっただけじゃないですか?
それが溶けて水になった。
それだけ冷たくなるって不思議だなぁ・・・って。



「ジュースに氷を入れると冷たくなるのはなぜですか?

 A.氷とジュースの間で熱移動が起こるからです。
  熱は熱いところから冷たいところに移動して、
  均一な温度にしようとする性質があり、
  氷は0度以下なのでジュースは冷たくなります。」

ヤフー知恵袋参照です(せこっww)

これで理解できてない自分がいます・・・笑

ようは、氷が飲み物の熱を奪ったってことですよね?

じゃぁ、奪われた熱はどうなるんでしょうか?^^;
その奪われた熱で溶けた水の温度は上がらないのかな・・・?
疑問だァ・・・

ですが結論いきましょ!!(雑やぞww)



【結論】

熱は温かいところから

冷たいところに移動する

という特性を持っている。

これを熱移動という。

温かい飲み物に冷たい氷を加えると、

飲み物の熱が氷に移動する。

それによって飲み物の温度が下がり

冷たくなったと感じる。

見かたを変えると、

氷が飲み物の熱を奪ったと考えられる。



あっ!
奪われた熱が個体を液体に変えた熱エネルギーになるのか!!
最後にわかるっていうww

ということで、一個疑問が解決しました~
↑なめてるやろww 雑すぎるしww こっちの無理矢理感、否めへんしww

ってことでばいばーい(逃げるなぁww)


 コメントを書く/見る(0) 

shokichiプロフ

翔

Author:翔
高校1年の翔と言います。
「かける」って呼んで下さい!

クラブは、
レオナルド合唱団と、
MUNと、新世紀栄光班に所属しています。

夢であるSUA,またハーバードに向けて、
今は日々、挑戦に挑戦を続けています。
だってもう、賽は投げられたのですから。

少し、頭の堅い、へんに真面目な人間ですが
よろしくお願いします(*´∀`*)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

学園生活 (100)
日記 (144)
歴史 (14)
感動(泣) (13)
読書日記 (3)
人間革命 (1)
未分類 (27)
社会・世界 (6)
疑問 (3)
EU (1)
個人的見解 (7)

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。