FC2ブログ

I can do it

夢への挑戦

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コメント


    |  |  06/17 01:38 - 編集 -

このコメントは管理人のみ閲覧できます




    |  |  06/24 21:56 - 編集 -

このコメントは管理人のみ閲覧できます












管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://shokichi0709.blog41.fc2.com/tb.php/241-5a3aa12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/06/16   広島平和研修 : 学園生活


こんばんは!!

いよいよ・・・明日から広島平和研修だー^^

楽しみでもあり、戦いでもあったこのヒロシマ

僕は、ヒロシマに行きどれほどのことを感じぬけるのか。

自分では疑問ではある。でも、絶対に学び取らねばならないと思っています。

戦争をなくすためには、戦争を知らなければならないですし
戦争は「ダメ」という心理だけでは到底、一生涯「戦争反対」と言えないと僕は思う。

小学校時代の広島とは、訳が違う。

池田先生の一番弟子である学園生としていくのです。
小学校のころのように、ヒロシマに行って「これ、残酷すぎるやろ」とか言ってるだけじゃ、意味がない。

何を感じ取るかに、今後の世界平和がかかっているとさえ思う。
というよりも、そう思わなければ始まらないのが事実だと思う。

今の、僕たちのような現代社会に生きている人間には「戦争」は理解しがたいところがある。

みんな、同じだと思います。

正直、戦争は庶民にとっては嫌なものです。
だから、軍隊だけで太平洋の島の無い海の上で勝手にやってほしい。と言った気持ちがあると思う。

でも、戦争で利益を得たりする人間もいることは確かだと思う。
所詮、「悪銭身につかず」ではあるが・・・。


僕はこの戦争をしるために、洗いざらい「戦争賛成側」の本を読んでみた。
題名などは気にもかけずに、ただ内容だけ。

でも、色々なものを得たと思っている。
でも、やっぱり最終的には「戦争はいけないもの」だと悟ることができた。


今回の、広島研修。
どれだけ、この悟りを確信させてゆくのかという戦いがある。
また、自分自身が成長するためにどうすれば良いのかというのも戦いであると思う。

この戦いに敗北はありえない。と確信している。
逆に「戦争をしよう!」という側には99.99%ならないであろう。
自分自身が一歩の成長もないというのも、80%以上ありえないと思っている。

でも、だからこそ悩む。

戦いには「負け」がある。負けがあるからこそ勝ちがあると思っている。
だから、負けがない戦いは常に「飛躍性」を重視する戦いになる。
勝利を大勝利とできるか出来ないか。この戦いである。

僕は、悩みに悩んだ。
どうすれば自らの大勝利へとつなげゆけるのか。

そんな時に、この池田先生のスピーチを見つけた。




小説『人間革命』第十巻のなかでもふれたことがあるが、
かつて恩師戸田前会長が、私に語った一言が、
いまも脳裏に刻みついている。
それは
『人間は悩まなくてはならない。悩むところに、
信心が深まり、人間としての偉大な成長がある』
というものであった。
人生は、ある意味では悩みの連続であり、
それが人生の実相ともいえよう。
どのような人生にも、かならず悩みとの対決がある。
いわんや、広宣流布という最高の大目的に向かう途上に、
悩みがあることは当然のことである。
自身の人間革命のため、一家の建設のための悩みがある。
さらには、さまざまな三障四魔との苦闘もあろう。
このように、責任感が強ければ強いほど、
真面目に人生を考えれば考えるほど、
悩みは尽きないともいえる。
したがって、そうした一つひとつの悩みを避けるのでなく、
どこまでもその解決のために、粘り強く御本尊に祈っていく・・
このあくなき挑戦の姿勢を貫いていける人にこそ、
深き信仰と、おおいなる人間革命の結実があるということを
申し上げておきたい。

ともかく、真の幸福境涯の実現は、
御本尊に題目を唱えていく以外ないことを知っていただきたい。

(昭和52年  9月10日  埼玉文化会館にて)




やはり、最高の勝利は「お題目」以外無いのかも知れないと思う。
というよりも、そうとしか思えない。

ただ、7文字。「南無妙法蓮華経」と唱えるだけで、仏に縁できるのである。

都合の良い話であるかもしれない。
外部から見ればそうであると思う。

でも、他の宗教も同じである。
というよりも、浄土宗などは始末が悪い。
なんで、死んでから極楽に行かなければならないのかがわからない。
ましてや、その確信もなく 法華経側から言えば地獄に落ちるのである。

どれほど、「南無妙法蓮華経」が凄いのかわかると思う。

僕は、最近、唱題中は全くと言っていいほどに動かない。
というよりも動くことがない。集中しきっているようにも感じない。

何故かは、わからない。
正直、ご本尊様と話をしている気持ちになる。
いつのまにか、ご本尊様が目の前にあるのである。
まるで、自分が吸い込まれるといったよりも
ご本尊様がこちらに寄ってきて下さっているかのように・・・。

しかも、最近は唱題中に動きまくる人にやたらイライラする。

虚空会の儀式で、この全宇宙の三大秘宝である「大御本尊」様の前でモジモジするなんて言語道断。
まぁ、やらないよりましではありますけど・・・。


かなり脱線してるんで、今日はここまで!!w


 コメントを書く/見る(2) 

コメント


    |  |  06/17 01:38 - 編集 -

このコメントは管理人のみ閲覧できます




    |  |  06/24 21:56 - 編集 -

このコメントは管理人のみ閲覧できます












管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://shokichi0709.blog41.fc2.com/tb.php/241-5a3aa12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

shokichiプロフ

翔

Author:翔
高校1年の翔と言います。
「かける」って呼んで下さい!

クラブは、
レオナルド合唱団と、
MUNと、新世紀栄光班に所属しています。

夢であるSUA,またハーバードに向けて、
今は日々、挑戦に挑戦を続けています。
だってもう、賽は投げられたのですから。

少し、頭の堅い、へんに真面目な人間ですが
よろしくお願いします(*´∀`*)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

学園生活 (100)
日記 (144)
歴史 (14)
感動(泣) (13)
読書日記 (3)
人間革命 (1)
未分類 (27)
社会・世界 (6)
疑問 (3)
EU (1)
個人的見解 (7)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。