FC2ブログ

I can do it

夢への挑戦

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コメント


   紀ノ川 | URL |  10/09 12:19 - 編集 -

そうやな、俺も世界に挑戦することが夢です。そうなれるように、今は、これから、勉学に徹していこうと思ってます。これから一生かけて見つける答えだと俺は思う。答えを出せるように・・・難しい話やと思うんでけど、結局死ぬ時その人の人生やカラ。俺は、世界の人のために働くのが夢やし、たとえ、ボランティアというんであっても。




   つくね | URL |  10/09 12:43 - 編集 -

言われるように、どうすれば人間革命できるのか?という問の答えは、非常に難しいものだと思います。それは、どうすれば幸せになれるのだろうか?という問いに対して、容易に答えられないことに似ているとさえ思います。

そういった「これが答えだ」というものを、単純な言葉で言い表せない事柄ですから、あくまで私見で述べます。

自分にはこういう嫌な部分がある。こういう性格で困っている。こういう性質があって、それが不幸の一因となっている。これが現状把握です。
では、因果的に、その要因を排除すれば状況が改善される。これが目標です。
問題は、その過程にあるわけですが、多くの人が勘違いしているのは(信心している人でもそうなのですが)、決して「別人」には生まれ変われないということです。性格は変わらないのです。

では、なにが変わるのか?というと、極めて乱暴に言えば「勇気」の二文字に尽きると思います。
諦めない勇気、一歩踏み出す勇気、そうした行動力の源泉を持ち続けていられる状態であることが、人間革命という言葉に含まれているのだと思っています。(もちろん、人間革命を満たすための条件が、それだけであるはずもありませんが)

長くなるので割愛しますが(あまり長いと、ここには書き切れないという理由もありますが)、ぼく個人のこれまでを振り返ってみると、自分の「母」に対して面と向かって、心から「ありがとう」と言える・行動できるようになった変化点がありました。結論から言うと、それがぼくの人間革命の第一歩でした。
その小さな勇気(母に対して、改まってありがとうと言うには勇気が要るものです)をきっかけに、ぼくは様々な勇気を出すコツを身に付けていたことに気づいたのです。まるで、それまで乗れなかった自転車に乗れるようになっていた自分に気づいたように。

ぼくには、笑吉さんの考えは的を得ているように思えます。間違っていないし、的確なアプローチを描いているように思えます。それは、もしかすると、笑吉さんとぼくが似ている存在だからなのかもしれません。

人によって、生き方・価値観・しあわせのかたちが異なるように、人間革命のあり方も異なってくるでしょう。ですが、極めて重要なことは、自身の変わる・変わった姿や行動を通じて、どれだけの人たちに対して勇気と希望を与えられるかではないかと考えます。そのためには、自身が幸せになる必要があると思うのです。でないと他人を幸せにすることは難しいでしょうから。

長々と失礼しました。
…書ききれないなぁ(笑




   南蛇井 笑吉 | URL |  10/09 13:00 - 編集 -

紀ノ川さん

世界に挑戦するというか貢献する感じやんな?
僕の夢は外交官やし、紀ノ川さんの夢も外交官じゃなかったっけ?
国連やったっけ?

僕は僕なりに戦っていくけど、
「仕事」と人生で見つけ出すものって違うと思う・・・。って感じたで




   南蛇井 笑吉 | URL |  10/09 13:05 - 編集 -

つくねさん

わざわざ長文のコメント、本当にありがとうございます。
これからも「ブログ」とは別に「人間革命」という枠で、連投になっても書いていこうかと思っております。

言葉では当然言い表せません。
そこまで仏法を深めれている僕でもありませんし、、、。
でも、「感覚」で感じるものだったとしても僕にはその影すらも見えていません。
どういう視点で考えても難しいです。
池田先生=人間革命
この方程式は成り立つものだと自分の中では考えております。
池田先生の行動の一つ一つが、人間革命の一歩一歩なんだとも感じております。
でも、今の僕には難しすぎますね。

池田先生の行動=大聖人の教え

この方程式も成り立つと思います。
御書を理解して、その行動の通り一つ一つ着実にこなしていくことが
人間革命する上での最も大事なことなのですかね。






   紀ノ川 | URL |  10/09 14:41 - 編集 -

南蛇井 笑吉さん

簡単にまとめると、僕は人のために行きたいということです。師匠のように。でも、だから、国連でなくても、ボランティアというみであっても、人ために生きる仕事をしたいということです。それが、自分の使命だと自分は思っています。




   南蛇井 笑吉 | URL |  10/09 19:01 - 編集 -

紀ノ川さん

ブログやから最初に「南蛇井 笑吉さん」っていらんよ?
普通コメントは運営してる人にあてて書くものやから。


紀ノ川さんが「自分の使命」って思うなら頑張ればいいと思うよ^^
貢献の仕方にも色々とあるからな(*^^)v
世界をまたにかけて活躍してる紀ノ川さんを見れるように。
頑張れよ(^O^)/




    |  |  10/10 01:37 - 編集 -

このコメントは管理人のみ閲覧できます












管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://shokichi0709.blog41.fc2.com/tb.php/257-3132e0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/10/09   第一巻まえがき : 人間革命


       一人の人間における偉大な人間革命は、
                   
       やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ
       
       さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。




人間革命のまえがきの有名な一説です。

人間革命といえばこの文章というような文章であります。

この後ろに「これがこの物語の主題である」とあります。

これが人間革命のテーマということですよね。

人間革命はどうすれば出来るのでしょうか。

池田先生しかこのテーマに当てはまる人生の物語を描けないんじゃないかな。

と僕は思います。

全人類の宿命を変えれるような人物はほとんどいません。

世界的に影響を与えた人は思いつきます

キリスト、ブッダ、ムハンマド・・・。

ですが、死後何百年もたってやっとこの状況であります。

池田先生のようにこの世にいる間に世界の人々の宿命は変えられるのでしょうか。

疑って御本尊様に向かえば叶うはずもない。

そう言われても現実世界で見えているものは「南妙法蓮華経」と諸天善神が書かれた紙と仏壇。

僕は信じていますよ。でも心の底から信じれる人じゃないと人間革命できないんですよね。

もし、すべての人が心から信じれば。

みんな池田先生のようになれるってことなんでしょうか。

「大悪きたれば大善きたる」「冬は必ず春となる」

これが仏法の根本なんですよね?

でも、「大善きたれば」どうなるのでしょうか。
「春がくれば」どうなるでしょうか?

確かに、大悪きたれば南妙法蓮華経を信じると思います
確かに、冬なのであれば南妙法蓮華経を信じるでしょう。

でも、大善きたれば怠けるのが僕達だと思います。
でも、春が来れば怠けるのが僕達でしょう。

このまえがきの言葉は、行動するには難しすぎます。

何でもかんでも「人間革命」ですまされることはないんでしょうね。

池田先生は「この本を読んで私の人間革命の歴史を学びなさい」と言われているんでしょうね。

一生かかってでもこの言葉を行動でしめしたい

それでこそ、先生の弟子ですよね。

人間の革命。

自分史=人間革命

という方程式を死ぬまでに作れるのでしょうか。

本気で南妙法蓮華経を信じれば池田先生におこたえできますよね。

創価学会など全く関係なく、僕がただひとつ思うことは

池田先生のような「世界」との戦いがしたい
偉くなるなんてどうでも良いから。
この言葉を言える池田先生のように、最大の敵である「自分」に打ち勝って、
この言葉の本当の意味を自分の行動から周りに示していきたい。


 コメントを書く/見る(7) 

コメント


   紀ノ川 | URL |  10/09 12:19 - 編集 -

そうやな、俺も世界に挑戦することが夢です。そうなれるように、今は、これから、勉学に徹していこうと思ってます。これから一生かけて見つける答えだと俺は思う。答えを出せるように・・・難しい話やと思うんでけど、結局死ぬ時その人の人生やカラ。俺は、世界の人のために働くのが夢やし、たとえ、ボランティアというんであっても。




   つくね | URL |  10/09 12:43 - 編集 -

言われるように、どうすれば人間革命できるのか?という問の答えは、非常に難しいものだと思います。それは、どうすれば幸せになれるのだろうか?という問いに対して、容易に答えられないことに似ているとさえ思います。

そういった「これが答えだ」というものを、単純な言葉で言い表せない事柄ですから、あくまで私見で述べます。

自分にはこういう嫌な部分がある。こういう性格で困っている。こういう性質があって、それが不幸の一因となっている。これが現状把握です。
では、因果的に、その要因を排除すれば状況が改善される。これが目標です。
問題は、その過程にあるわけですが、多くの人が勘違いしているのは(信心している人でもそうなのですが)、決して「別人」には生まれ変われないということです。性格は変わらないのです。

では、なにが変わるのか?というと、極めて乱暴に言えば「勇気」の二文字に尽きると思います。
諦めない勇気、一歩踏み出す勇気、そうした行動力の源泉を持ち続けていられる状態であることが、人間革命という言葉に含まれているのだと思っています。(もちろん、人間革命を満たすための条件が、それだけであるはずもありませんが)

長くなるので割愛しますが(あまり長いと、ここには書き切れないという理由もありますが)、ぼく個人のこれまでを振り返ってみると、自分の「母」に対して面と向かって、心から「ありがとう」と言える・行動できるようになった変化点がありました。結論から言うと、それがぼくの人間革命の第一歩でした。
その小さな勇気(母に対して、改まってありがとうと言うには勇気が要るものです)をきっかけに、ぼくは様々な勇気を出すコツを身に付けていたことに気づいたのです。まるで、それまで乗れなかった自転車に乗れるようになっていた自分に気づいたように。

ぼくには、笑吉さんの考えは的を得ているように思えます。間違っていないし、的確なアプローチを描いているように思えます。それは、もしかすると、笑吉さんとぼくが似ている存在だからなのかもしれません。

人によって、生き方・価値観・しあわせのかたちが異なるように、人間革命のあり方も異なってくるでしょう。ですが、極めて重要なことは、自身の変わる・変わった姿や行動を通じて、どれだけの人たちに対して勇気と希望を与えられるかではないかと考えます。そのためには、自身が幸せになる必要があると思うのです。でないと他人を幸せにすることは難しいでしょうから。

長々と失礼しました。
…書ききれないなぁ(笑




   南蛇井 笑吉 | URL |  10/09 13:00 - 編集 -

紀ノ川さん

世界に挑戦するというか貢献する感じやんな?
僕の夢は外交官やし、紀ノ川さんの夢も外交官じゃなかったっけ?
国連やったっけ?

僕は僕なりに戦っていくけど、
「仕事」と人生で見つけ出すものって違うと思う・・・。って感じたで




   南蛇井 笑吉 | URL |  10/09 13:05 - 編集 -

つくねさん

わざわざ長文のコメント、本当にありがとうございます。
これからも「ブログ」とは別に「人間革命」という枠で、連投になっても書いていこうかと思っております。

言葉では当然言い表せません。
そこまで仏法を深めれている僕でもありませんし、、、。
でも、「感覚」で感じるものだったとしても僕にはその影すらも見えていません。
どういう視点で考えても難しいです。
池田先生=人間革命
この方程式は成り立つものだと自分の中では考えております。
池田先生の行動の一つ一つが、人間革命の一歩一歩なんだとも感じております。
でも、今の僕には難しすぎますね。

池田先生の行動=大聖人の教え

この方程式も成り立つと思います。
御書を理解して、その行動の通り一つ一つ着実にこなしていくことが
人間革命する上での最も大事なことなのですかね。






   紀ノ川 | URL |  10/09 14:41 - 編集 -

南蛇井 笑吉さん

簡単にまとめると、僕は人のために行きたいということです。師匠のように。でも、だから、国連でなくても、ボランティアというみであっても、人ために生きる仕事をしたいということです。それが、自分の使命だと自分は思っています。




   南蛇井 笑吉 | URL |  10/09 19:01 - 編集 -

紀ノ川さん

ブログやから最初に「南蛇井 笑吉さん」っていらんよ?
普通コメントは運営してる人にあてて書くものやから。


紀ノ川さんが「自分の使命」って思うなら頑張ればいいと思うよ^^
貢献の仕方にも色々とあるからな(*^^)v
世界をまたにかけて活躍してる紀ノ川さんを見れるように。
頑張れよ(^O^)/




    |  |  10/10 01:37 - 編集 -

このコメントは管理人のみ閲覧できます












管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://shokichi0709.blog41.fc2.com/tb.php/257-3132e0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

shokichiプロフ

翔

Author:翔
高校1年の翔と言います。
「かける」って呼んで下さい!

クラブは、
レオナルド合唱団と、
MUNと、新世紀栄光班に所属しています。

夢であるSUA,またハーバードに向けて、
今は日々、挑戦に挑戦を続けています。
だってもう、賽は投げられたのですから。

少し、頭の堅い、へんに真面目な人間ですが
よろしくお願いします(*´∀`*)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

学園生活 (100)
日記 (144)
歴史 (14)
感動(泣) (13)
読書日記 (3)
人間革命 (1)
未分類 (27)
社会・世界 (6)
疑問 (3)
EU (1)
個人的見解 (7)

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。