FC2ブログ

I can do it

夢への挑戦

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コメント


    |  |  07/22 16:02 - 編集 -

このコメントは管理者の承認待ちです












管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://shokichi0709.blog41.fc2.com/tb.php/327-5fba1d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/07/14   言葉に表すこと : 日記


こんにちは^^

最近、ディベートなどとても忙しくて
若干、ブログを更新することが億劫になってきている笑吉です。

今日は
いつも感じていることではあるのですが
それが気持ちに顕著に現れたので書こうかなとおもいます

・・・気持ちに顕著に現れるっていう表現はおかしいのかな?^^;笑

正直、今日の内容に関しては僕の押し付けであり、一方的な主張や考え方です
いろいろな考え方をする人がいると思いますが、
あくまでもこのブログは僕の書きたいことを書くものなので書かせて頂きます
コメントでの反論などはいくらでもどうぞ^^ 逆にしていただきたいぐらいです
僕もこの内容を全て否定してるわけではありませんので
そこだけは分かっておいていただけるようにお願いします


説明が長くなりましたがここらで本題へ


中学校や小学校では(関西創価は特に多いのですが)
事あるごとに「感想」や「思ったこと」「決意したこと」を紙に書きます

例)
・映画を見て思ったこと
・食育セミナーを受けて思ったこと
・防犯セミナーを受けて思ったこと
・◯◯さんの話を聞いて思ったこと。また決意したこと

このような感じで、色々なことで書きます。

確かにいい部分もありますが、、、

本当に必要なのでしょうか。


普段から必要がない。と僕は思っています。
食育セミナーなどは分かります。
その感想などをしてくださった方に読んで頂いて、喜んで頂けるからです。

ですが、映画や◯◯さんの話を聞いて感想ならいざ知らず。
「決意した」とか「これからどうしていきたい」とかそういうったことは必要ないのではないでしょうか

なぜそれを今、記事にしようと思ったのか。

それは先日、
情熱の日実行委員をさせて頂いている関係でリーダー研修というものに参加させていただいからです。

正直なところ、学園生はみな社会のリーダーと育っていく人材なのですから
このように限定してリーダー研修を行なっている事自体、僕は反対なのですが。。。
やるならば学校全体で、学園生全員に対してすべきです。
そうやって区別をするからこそ、やる気にも格差がうまれ他人ごとのように考える人が増えていくのだと思います


そのリーダー研修で、
高校生で新世紀栄光班の執行部をされていて
中学校から色々な形で学園に携わってこられた先輩が話をして下さいました。

色々な形で戦ってこられた方のリーダー像というものを語って頂き、
リーダーとしての決意を各々が深めてもらうというのが目的でした

その先輩が素晴らしいお話をされていて、本当に感動しました
あの感動を誰かに伝えたくて、次の日の朝にクラスでもかいつまんで話させていただきました

本当に素晴らしい話で

①リーダーである前にまず人として学んでいくこと
②変革していくこと

簡単にまとめるとこの2点です


僕は最近、「人間革命」という言葉が本当に大好きで、
クラスでも「絶対に一人ひとりが人間革命していこう」と呼びかけさせていただいています
乱用はいけないんですけどね^^;笑

変革という言葉は人間的に立派な人だからこそ言える言葉だとおもいます。
僕にはまだまだ言えるような言葉ではありません。
人間的に立派になるということは
それまでに何度も人間革命して勝ってきたということかなと感じます。



・・・話がそれてしまいましたが

素晴らしい話の後にグループディスカッションというものがありました。
色々な人とかかわるチャンスで、
色んな人の意見が聞けて本当に良かったなと思っています。
僕も先輩の話の感動。
また常日頃から思っている気持ちをぶつけました。
ですが、感情というものは筆舌に尽くし難いもので全てを伝えられたわけではありません。
本当に形にすることは難しいです


そのディスカッションも終わり、帰り際に
「リーダー研修を振り返って」というプリント頂きました

言葉でも表せなかったのに、文字なんてもっての外だ。

と直感で感じました

心に残ってることを一言で表せというのなら素直にやりました
心には「人間革命」しか残っていませんでした。

ですが、それを文章にしろと。

文章にするということは、並大抵のことではありません
感情を形にするにはボキャブラリーがなさすぎる。

感情を言葉にしていくためには無理に言葉をひねりださなくてはなりません。

ですがそれは本当の感情なのでしょうか

書くために考えた言葉は僕には嘘の感情としか思えません。
その時に思ったことをただ言葉にすると文章になんてできません。

そうやって無理に引っ張りだした言葉を先生が見る。
それで先生方はその子の捉え方を判断する

おかしいんじゃないですか。何よりも気持ちでしょ。

僕は、このリーダー研修をわざわざ言葉にする必要はないと感じています
あれだけの話を聞けば
一人ひとり何かしら心にくるものはあったはず。

それだけ良いじゃないですか。

それをどの方向に持っていくのか。それは本人の自由でしょう。

言葉にすることでその子を無理にその通りにさせようとするのなら、なおさら大反対です

僕には学校側の意図がよく分かりません。
他の人が書いた感想を見せてくれるのならまだしも、それを回収して返ってきさえしない。
それならば、他の人とその事柄について話をするほうがよっぽど素晴らしいじゃないですか


対話。対話。というのならそういう面からなれさせるべきです。
紙の上での対話は対話とは言えません。全てが本心なのか分かりません。
「自分自身の心に問いかけるのが大事。」というのかもしれません
ですが、それは本当に紙に書くことで出来る事なのですか。

一方的に押し付ける。
学校というものを持ち、先生という肩書きをもった人間の押し付けを生徒は見ているのです

人間的教育を掲げているのならば
そういった点でも色々な角度から自分自身の心に対話させるべきじゃないですか




すいません。つい熱くなって、文章がごちゃごちゃ><笑
でも、思ったことを並べたからこうなったので僕としては満足です^^
あくまでも僕の考え方です
「紙に書いたりしないと考えようともしない人もいるじゃん!」
とか色々あると思いますが、僕は断固として上に書いたように思います


 コメントを書く/見る(1) 

コメント


    |  |  07/22 16:02 - 編集 -

このコメントは管理者の承認待ちです












管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://shokichi0709.blog41.fc2.com/tb.php/327-5fba1d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

shokichiプロフ

翔

Author:翔
高校1年の翔と言います。
「かける」って呼んで下さい!

クラブは、
レオナルド合唱団と、
MUNと、新世紀栄光班に所属しています。

夢であるSUA,またハーバードに向けて、
今は日々、挑戦に挑戦を続けています。
だってもう、賽は投げられたのですから。

少し、頭の堅い、へんに真面目な人間ですが
よろしくお願いします(*´∀`*)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

学園生活 (100)
日記 (144)
歴史 (14)
感動(泣) (13)
読書日記 (3)
人間革命 (1)
未分類 (27)
社会・世界 (6)
疑問 (3)
EU (1)
個人的見解 (7)

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。